読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙と新Mac Book

禁煙に挑戦している方にとって一番辛いのは、いつでもタバコを吸える環境におかれることですよね。 一緒に食事に入った連れが、食後にタバコをプッかーと吹かす。 家に帰れば、いままで吸っていた銘柄のタバコがワンカートン目につく所に置かれている。 こうなるとどうしても「ちょっと一服だけ」ということになります。 そして一口吸い込むと「やってもうたぁ」です。 ボクも過去はヘビースモーカーだったのでよくわかります。 よほど意志の強い方でないと、いつまで経ってもやめれないですわね。

禁煙を進めるのに重要なことは環境を整えることです。 それは『喫煙』というものから物理的に距離をとることです。 吸いたくても吸えない。 そこから、徐々に吸いたくなること自体を忘れるという流れになります。

つまり、次のステージへ進むためには、今の環境にあるもののなかからなにかを物理的になくさないといけないということです。

新しいMac BookにはUSB-Cしかついていません。 しかもひとつだけ。 やりすぎとか批判的な意見も見受けられます。 Appleは次のステージに行きたいんでしょうね。われわれをそのステージに連れていきたいんでしょうね。 そうしないと次のステージに行けないのですから。