読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016-04-04 【開封の儀】Apple Pencil

iPad Pro 9.7インチと同時期に発売された「Apple Pencil」。

ショップで試し書きさせてもらったら、これが驚愕もの。

いままで何本かタブレット用のペンを試してきましたが、どれもイマイチ。

その最たる理由はタイムラグだったんです。

書いた感覚と実際に書かれる時間差、これがなんともしっくりこない違和感があり、結局ペンを使わなくなっていました。

しかしこの「Apple Pencil」はリアルと同じ感覚で書けます。

速書きすると若干ズレが出るような気もしますが、普通に書いている限りは違和感はありません。

というか違和感というよりも、なんの気持ちの動きを感じないほど「普通」にノートにペンで書いている感覚です。

これはスゴい。

1本11,800円(税別)はブランド物のボールペンを買うようで、けっして安い買い物ではありませんが、試し書きしたその場で購入を即決しました。

そして自宅に持って帰り、iPadに引き続き開封の儀を滞りなくとりおこないました。

スポンサード

★★★

ペンシルというから鉛筆1本なので箱は筆箱ぐらいを想定していましたが、想像以上にパッケージは大きく感じました。

透明のビニールを剥がして横から箱を引っ張り出します。

タグがついているので、なんなく引っ張り出すことができます。

箱を出すと「Designed by Apple in California」の文字。

デザインに対するAppleのプライドを感じる瞬間です。

説明書と予備のパーツがフタ代わりになっています。

そのフタを開けるとペンシルがお目見えです。

ご丁寧にペンシルにもビニールが巻かれて保護されています。

ペンのお尻側にキャップがかぶさっています。

このキャップを取ると差し込み用のジャックがでてきます。

これをiPadに差し込みます。

するとペアリングの確認画面が出てきます。

IMG_0001

承認すると、さっそく使い出せます。

IMG_9138

いまはpencil用アプリとして「Good Notes」を使っていますが、しばらく使ってみてあらためてレビューを書きたいと思います。

ではでは。

スポンサード