読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015-07-28 【書評】「ITビジネスの原理」で「ITビジネス」を考える

「ITビジネス」って何でしょうか?

一言で「ITビジネス」と言っても、その包含する範囲が広く、それたげでは何を指すのか分かりずらいところがあります。

「ITビジネス」のパーツ、パーツを解説する本は数多あります。

例えば、GoogleMicrosoftの取組みを紹介する本とか。

あるいは、特定の製品やツールの使い方を解説するハウツー本とか。

でも、部分的な話ではなく、「ITビジネス」の全体像を俯瞰する本はあまりないんですよね。

そんななかで、今回ご紹介する「ITビジネスの原理」はかなり幅広く「ITビジネス」に関してわかりやすく解説している稀有な本だと思います。

著者の尾原和啓さんは、輝かしい経歴の持ち主で、なんと転職が10回。

そのうち、有名なIT企業にも何度かお勤めになっていたそうです。

なので、業界の中枢にいた方が、これまでの「ITビジネス」の歩みを紐解いたのが本書です。

といっても専門家が書いたわかりにくい本ではありません。

この本は一般的なの視点から一般的な言葉を使って「ITビジネス」を俯瞰しているので、わかりやすいです。

とりわけ、ネットワークやITは「自己実現を加速するもの」であり「人を幸せにするもの」だという想いをもって書かれているところは共感しました。

本書を読むことで、ネット社会の基本的な枠組みを作ることができた現状と、次のネット社会をうまく生き抜くための重点項目を捉え、理解することができます。

「ITビジネス」で、どのように儲けてきたのかということが事例を交えて、その裏舞台まで詳しく紹介されています。

「ITビジネス」にご興味のある方向けです。

ではでは。