読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016-03-30 【書評】「スイッチ!」by チップ・ハース&ダン・ハース

「自分を変えたい」と思っている方は少なくないでしょう。 あるいは会社や組織を変えたいと思う方も多いと思います。 今回ご紹介する本のテーマはズバリ「変化」です。 「アイデアのちから」のチップ・ハースとダン・ハースの兄弟の作品で、この本を購入した…

2016-02-15 ユニクロ社長の柳井正氏が書いた「経営者のノート」はシンプルだが実行するのたタイヘンだ!

一代でユニクロをグローバル企業へと育てあげた稀代の経営者である柳井正氏が書いた「経営者のノート」。 その考え方に触れたいと思って、この本を手にしました。 読み終えて最初に抱いた感想は「思っていたよりもはるかにシンプルだなぁ」というものでした…

2016-02-02 今更ながら「嫌われる勇気」を読んでみた

この本よく売れていますよね。 販売開始されてからしばらく経ちますが、いまだに本屋で平積みされているのをよく見かけます。 さすがにここまでロングセラーが続いていると、なぜそれほど売れているのかと気になりだしたので読んでみました。 読んでみると、…

2015-12-21 【書評】大前研一著「日本の論点2016〜17」は論理的思考の参考事例が満載!

大前研一さんの「日本の論点2016〜17」は論理的思考の事例が満載で、読み応えがありました。 さっそくご紹介しましょう。 スポンサーリンク ★★★ この本は大前研一さんが「プレジデント」という雑誌で連載している「日本のカラクリ」というコラムのなかから読…

2015-09-08 【書評】「プロが教えるはじめてのNLP超入門」を読んで「今の自分」は「自分が求める自分」に近づいているかを考える!

「自分が求める自分」に近づくために新たなチャレンジをすることにしました。 今月から来年2月までの半年間、NLP-JAPANの「プラクティショナープレミアムセミナー」を受講することにしました。 NLPはいろいろな団体や組織で研修をおこなっています。 もちろ…

2015-08-16 【書評】本を書いてみたいと思っている人が最初に読むべき本! 吉田浩著「本を出したい人の教科書」

本を出版するための工程がすべて網羅されている 巷には本を書きたいと思っている方は多いと思います。 でも、本ってどうしたら出すことができるのでしょうか。 その疑問に対する解決の道筋をつけてくれるのが本書です。 本を世に送り出すまでの全工程とその…